●Windows Central: 100/100(Xbox One)
●Twinfinite: 100/100(Xbox One)
『Gears of War 4』は完璧にまとめあげられた作品で、私が願っていたものやそれ以上のものが全て詰め込まれていた。キャンペーン終了間際のいまいち盛り上がらない最終戦やHorde 3.0のクラスシステムへのちょっとした不満も残るが、総合評価として言わせてもらえば今作はすべての『ギアーズ』ファンがその手に掴むべきタイトルだ。●Game Informer: 93/100(Xbox One)
グラフィックス: 美しく向上した天候表現と破壊演出は、まさに素晴らしい光景が止めどなく流れ込んでくるよう。新たなタイプの敵のアニメーションも優れている。4Kモニターでプレイするときには更に美麗に進化していく。サウンド: マッチョな会話劇が鳴りを潜めた代わりに、ユーモラスなトークが現れている。サウンドトラックに関しては今作もサイコーな仕上がりで、戦闘終了時に鳴り響く充実感に溢れたギターサウンドも帰ってきた。プレイしやすさ: カバーポジションを探して、飛び出して、射撃する。『GoW』らしい戦闘要素は揺るがないものだ。しかしながら、プレイヤーが扱えるオモチャは更に強烈なものになっていて、アグレッシヴな敵を相手にするには必要不可欠なものだ。エンターテイメント性: キャンペーンはこれまでのものと似たような質感だが、ゲーム性自体は一級品。マルチプレイヤーモードはすべて上質な奥深さと繰り返しプレイしたくなる魅力を持っている。リプレイ性: 高●The Escapist: 90/100(PC)
●PCGamesN: 90/100(PC)
●Forbes: 85/100(Xbox One)
●Guardian: 80/100(Xbox One)
『GoW 4』は一見昔ながらのテンプレ感を感じるタイトルであり、実際「古風」以外の何物でもない。シングルプレイヤーキャンペーンは更なるバリエーションが広がり、シリーズ過去作よりも勢いが増している。更にオンラインモードも爽快感に溢れ、あまり興味を持っていないユーザーからプロ志向なゲーマーまで、様々な層のゲーマーに向けられている。Horde 3.0はデザインを刷新するアップグレードに値するもので、4度目となる『GoW』のゲームプレイを再び新鮮なものにするため必要不可欠な要素だ。●Destructoid: 80/100(Xbox One)
●GamesRadar+: 80/100(Xbox One)


『Gears of War 4』は意欲的で、フランチャイズを再起するにあたって自信満々の展開を見せている。軽いリブート感のある直接的な続編としては効果的で、様々な思いや知識、目的意識が「ゲームの楽しさを見つける」ための切迫感に満ちた情熱に加わり、ゲームを形作っている。キャンペーンモードの守りに入った感じは若干ミスってるようにも感じるが、それは必然のことで、シリーズの重要な部分に立ち返るため、そして慎重に再進化を遂げるためのやり方なのだ。●Post Arcade (National Post): 70/100(Xbox One)
●The Jimquisition: 70/100(Xbox One)
●GameSpot: 70/100(Xbox One)


良い点
クリエイティブな新対戦モード素晴らしいHordeモード効果的な移動メカニックの改善
悪い点
キャンペーンの展開は退屈メニュー画面でのフリーズ、ゲーム中のグリッチ薄っぺらい筋書きと脚本
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

人気TPSシリーズ最新作『Gears of War 4』の海外レビューをお届けしました。Xbox One版平均スコアは85点(総レビュー数51件)。PC版では87点(総レビュー数5件)をマークしました。

シリーズの新たな動きを見せる本作ですが、その評判は上々で『ギアーズ』らしさを求めるゲーマーには好評を博している模様。その反面で既視感や新鮮さを感じないとの旨もレビューで言及されていましたが、ある種表裏一体の評価と言えるでしょう。マルチプレイヤーモードにおいても新規ユーザーからベテランまでが入り込める魅力や奥深さを備え、パッケージ全体としての総合評価は高いものとなったようです。


『Gears of War 4』はXbox One/Windows 10を対象に、海外で10月11日発売予定。「Ultimate Edition」購入者は、10月7日よりプレイが解禁される予定です。