国内では10月13日に発売された、ワーナーゲームのシリーズ最新作『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』プレイレポをお届けします。なお、本記事では映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を含む関連作のネタバレが含まれていますのでご注意ください。

本作の開発は、多くの『レゴ』ゲームシリーズを手がけるTT Games。レゴをテーマにした「スター・ウォーズ」ゲームシリーズは、新3部作をテーマにした『レゴ スター・ウォーズ』が2005年に、旧3部作をテーマにした『レゴ スター・ウォーズII』が2006年に、旧3部作と新3部作を収録した『レゴ スター・ウォーズ コンプリート サーガ』が2008年に、それぞれリリースされている歴史の長いタイトルです。

今回の『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、2015年末に公開されたJ・J・エイブラムス監督のシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の物語を中心に据えたタイトルで、レジスタンスのポー・ダメロンやファースト・オーダーのカイロ・レンなど「フォースの覚醒」の出演キャラクターが複数登場します。


本編となる「フォースの覚醒」パートでは、ポー・ダメロンがBB-8と共にルーク・スカイウォーカーの居場所への地図を入手するステージからスタート。愛くるしいBB-8は、レゴの世界でもその可愛さは抜群!映画同様、様々なシーンで活躍するBB-8ですが、レゴ シリーズ特有のパズル要素においては、過去作でR2-D2やC-3POが活躍した様に、ステージ中のギミックを駆動させる役割を担っています。


ポー・ダメロンとタッグで旅立ちの準備を進め、惑星ジャクーへたどり着き、ルーク・スカイウォーカーへの手がかりを入手すると、村にファースト・オーダーが攻め入るシーンへ突入。映画ではすぐに村が壊滅させられるシーンが描かれていましたが、本作ではポー・ダメロンとBB-8が奮闘するパートとして、じっくり堪能できます。

特記点としては、ブラスターバトルにおけるカバーアクション。これまでのレゴ作品ではマップを縦横無尽に動き回り、敵を倒していましたが、今作では物陰に隠れてでの迎撃ができるようになりました。任意の場所ではなく、特定の場所でカバースタイルへと移行しますが、単に陰から敵を順番に撃つわけではなく、パートナーとのコンビネーションも求められてる点は、単調にならないポイントのひとつと言えるでしょう。


ポー・ダメロンとBB-8の奮闘の後に登場するカイロ・レン。こちらは映画同様、フォースを操り、密かにBB-8を逃したポー・ダメロンを拘束するシーンが再現されていました。

カバーアクションシーンは随所に登場
カイロ・レンが、レゴならではのコミカルタッチでポー・ダメロンを拷問するシーンへ移行すると、FN-2187ことフィンが登場。ポー・ダメロンを解放し、共にスター・デストロイヤー ファイナライザーからの脱出を試みます。


TIEファイターを確保した後には、宇宙空間でのドッグファイトシーンへ。本作の特徴のひとつであるドッグファイトは、操作こそシンプルですが、迫力は抜群。映画を観た方ならお判りの通り、ここはポー・ダメロンがFN-2187をフィンと名付け、二人で敵を迎撃しまくる爽快なシーンですが、そのシーンを自身が操作するとなるとコントローラーを握る手も一層力が入ります。

ゲーム性においては、前述のカバーアクションとドッグファイトが、過去作からの大きな進化ポイントと言えるでしょう。これまでのレゴ シリーズは、良くも悪くもゲームの進行が一定のリズム/テンポで進んでいました。本作においては、これらの進化ポイントが加わったことで、そのリズムやテンポが良い抑揚を生んでおり、単調なゲーム進行となっていない点が大いに評価できるポイントです。


ただし、変化が加わったとはいえ、シンプルにアクションゲームとして面白いと言えるタイトルなので、「スター・ウォーズ」と「レゴ」のどちらかに興味があるのならプレイしておきたいゲームです。


映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のストーリーがより細かく噛み砕かれており、前日譚と合わせて作品の理解度も深まる本作。PS4/PS4/Wii U/3DS/PS Vita向けに10月13日に発売されており、価格はPS4/PS3/Wii Uパッケージ版が5,700円(税別)、PS Vita/3DSパッケージ版が4,700円(税別)、PS4/PS3/Wii Uダウンロード版が5,200円(税別)、PS Vita/3DSダウンロード版が4,200円(税別)です。