クラウドファンディングで今も巨額の資金を集め続けながらPC向けに開発が進んでいる、期待のスペースコンバットシム『Star Citizen』。今年リリース予定とされていた同作のシングルプレイヤーキャンペーン『Squadron 42』が2017年に延期となることが発表されました。

今回の延期が発表されたのは10月10日に行われた『Star Citizen』の公式ファンイベント「CItizen Con」内。今回の延期の理由については「更なる洗練のために時間が必要」とのことです。『Star Citizen』では既に宇宙戦闘やFPS戦闘、それらのシームレスな切り替えが可能となっており、延期となってしまったとはいえど、オープンワールドではなくミッション形式のシングルプレイヤーキャンペーンである『Squadron 42』を目にできるのは現実味を帯びてきているのかも知れません。

また、今回のCitizen Conで公開された動画では、車両を使った移動による、砂の惑星の探査やFPS戦闘などの様子も見ることができます。また、同イベントに合わせて、船上部に格納式の飛行甲板と格納庫を備えた、最大24人の乗員を有する130m級のコルベット艦“RSI Polaris”の販売が$750にて開始されています。

『Squadron 42』はPC向けに2017年内のリリースを予定されており、『Star Citizen』の発売日は未定となっています。