本日10月13日、ついに発売を迎えた「PlayStation VR(PS VR)」。その製品版が編集部に到着!いてもたってもいられず早速開けてみたのでレポートをお送りします。



今回開封するのは「PlayStation Camera」同梱版。外箱を開けると白い化粧箱が登場。化粧箱はしっかりとした作りで、天面にはPlayStationのロゴがプリントされています。



化粧箱を開けると、「クイックスタートガイド」と内容物が収まった箱が現れます。箱にはそれぞれ、どの内容物が入っているかシンプルなイラストで記されています。



クイックスタートガイドはかなりシンプル。PSVRの内容物の確認と、PS4との接続方法、ヘッドセットの取り外し方が、簡潔な文章とわかりやすいイラストで記されています。


プロセッサーユニットは、ヘッドセットと接続する際に右側を動かすことが可能。
それでは各箱を開けていきましょう。まず右側の箱から。この箱には、PS4とPSVRを繋ぐ「プロセッサーユニット」とACアダプタ、ユニットとPS4を繋ぐ「USBケーブル」、「ステレオヘッドホン」と替えイヤーピース、そしてPSVRとPS Cameraの取扱説明書が入っています。


左側の箱には、「PS Camera」とそのスタンド、プロセッサーユニットのACアダプタに取り付ける電源コードが収められています。なお、付属するPS Cameraとスタンドは新型になります。



残った中央部分を上部に展開すると、ついにPSVR本体がお目見え。本体は「HDMIケーブル」、「VRヘッドセット接続ケーブル」とともに収められています。


ヘッドセットの重量は約610g。数字で表すと重たく思えますが、実際に手にしてみると思った以上に軽いです。



ケーブルが多く配線の難しさが気になる所ですが、各ケーブルには数字が書かれたタグが付けられており、クイックスタートガイドを見ながら数字順にケーブルを繋いでいくことでさほど苦労すること無くセットアップできます。

また、ヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルは、端子が2つに分かれているのですが、端子部分と差し込む部分に、おなじみの「△◯□×」がデザインされており、これに合わせるように差し込むことで、正しく接続することができるようになっています。

ただ、PS4と接続をすると、やはり多数のケーブルでゴチャッとしてしまいます。セットアップ前にはPS4周りを整頓しておくのがおすすめです。

全ての内容物を並べたところ
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
「PlayStation VR」は本日10月13日より全国の取扱店舗にて発売開始。価格は以下のとおりです。

「PS VR」:44,980円(税別)
「PS VR PlayStation Camera同梱版」:49,980円(税別)