ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、PS VR専用ソフト『バットマン: アーカム VR』を10月13日より国内に向けて配信した、と発表しました。

本作は、DCコミックスのスーパーヒーロー"バットマン"になってゴッサム・シティの謎を解くタイトル。開発は、『バットマン:アーカム』シリーズ三部作を制作したRocksteady Studiosです。インタラクティブなVR体験においてその魅力を最大化させるため、じっくりと環境に溶け込むことができるゲーム性を追求。シリーズの要素の中でも、アドベンチャー要素に重点を置いています。

『バットマン: アーカム VR』は、PS VR(PS4)を対象に発売中。価格は、2,678円(税込)です。Game*Sparkでは、本作のプレビューもお届けしているので、あわせて参照ください。