アタリやChuck E. Cheese'sの創業者で、ビデオゲームの父として知られるノーラン・ブッシュネル氏は、VR会社「Modal VR」を設立し、紹介映像を公開しました。

既にプロトタイプが完成しているという同社のVRシステムは、頭に装着する「VRバイザー」、プレイヤーの位置やモーショントラッキングなどを管理する「VR Fabricator」、体の動きを高い精度で取り込む「フルボディトラッキングスーツ」、そして専用のアプリケーションなどをPCから購入できるようにする「コマンドセンターソフトウェア」の4つに分かれています。

「Modal VR」はたった数分でほぼどこにでも設定でき、完全なワイヤレスを実現。たとえ屋外であってもプレイできるうえ、フルボディトラッキングスーツは10ミリ秒未満の遅延を実現。最大90万平方フィート内の動きを認識可能で、「VR Fabricator」が一度に認識する人数は10人とのこと。映像では、これらの技術的特徴が確認できます。


価格や発売時期が気になるこの「Modal VR」ですが、公式サイトのFAQページによれば、コストが非常に高く、通常のコンシューマーデバイスに比べて、少しだけ技術的なノウハウが必要なため、個人向け製品ではなく、企業向けに提供される予定とのこと。なお、パートナー企業が制作するのは、ゲーム、教育、e-Sports、テレビなどになるそうです。