Gambitious Digital Entertainment およびUrban Gamesは、新作輸送シミュレーションゲーム『Transport Fever』の配信日が11月8日に決定したことを発表し、Steamでの予約受付を開始しました。


本作でプレイヤーは新興輸送会社として駅、空港、港などを構築し、輸送サービスを求めるエリアを接続して利益を生み出します。また、時代は1850年から始まり、150年以上におよぶ輸送の歴史に挑戦することができます。配信日の決定とともに約15分間のウォークスルー映像も公開。


PC/Mac/Linuxを対象に登場する『Transport Fever』の価格は通常3,480円。過去作『Train Fever』を所有していれば15%オフ、さらに予約割引で10%オフが適用されます。なお、GOG版プレイヤーに関する詳細は後日伝えられるとのことです。