「スター・ウォーズ」シリーズの最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日に全世界公開を迎える。このたび、最新予告編の配信がスタートし、「エピソード4」に繋がるアナザー・ストーリーの一端が明らかになった。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は反乱軍の寄せ集め極秘チームであるローグ・ワンが、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うまでを描く物語だ。その予告編では主人公 ジン・アーソの父親 ゲイレン・アーソが、デス・スターの開発者であることが判明した。
予告編はジンの過去の記憶からスタート。ゲイレンはまだ少女のジンに「お前を守る」と力強く約束するものの、彼は無言のまま帝国軍と共に姿を消してしまう。一匹狼となった現在のジンにとっても、偉大な父は大切な存在であることが示されるシーンである。

帝国軍に捕まっていたジンは反乱軍の手によって解放され、父がデス・スターの開発者であることを知らされる。ショックを受けるジンだったが彼女は「私は父を信じてる」と口にし、消息も分からないゲイレンの真意を知るためにミッションへの参加を決意する。
ルーカスフィルムの社長でプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「この『ローグ・ワン』は家族の物語という側面、そして今回の作品はより“希望を持つ”ことを求めており「スター・ウォーズ」の物語で描かれる共通の価値観を継承しています。いつもより少しガツガツしているかも(笑)」と語っている。これまでのシリーズ以上にエモーショナルで心揺さぶられるストーリーになるようだ。
予告編には悪の帝王であるダース・ベイダーも登場。娘と父の物語に彼がどう関わって来るのかも大きな見どころである。デス・スターの設計図を入手するまでにどのような攻防があったのか。シリーズの原点に続く最新作にファンの期待は膨らんでいく。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金)全世界公開
(c) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.