オープンワールドACT『Sleeping Dogs』で知られ、9月28日より新作の対戦ACT『SMASH+GRAB』のPC向けSteam早期アクセスを開始していたデベロッパー、United Front Gamesが突如として閉鎖したことを海外ニュースサイトPCGamerが伝えています。

PCGamerによれば、この噂が最初に報じられたのは海外掲示板NeoGAF、そのモデレータの投稿によるものです。9月28日にSteam早期アクセスが開始されたばかりの、United Front Gamesの最新作である対戦ACT『SMASH+GRAB』は、10月13日から10月18日までの直近の期間にSteamにてフリーウィークエンドを実施していましたが、現在ではSteam上からのゲーム購入ができない状態となっています。

同社からの公式発表はなく、また『SMASH+GRAB』の公式Twitterアカウントも、本記事執筆時点で最新の書き込みはフリーウィークエンドの期間が残り1日であることを知らせる10月18日のものとなっており、詳細については依然不明です。

しかしながら、同メーカーでプロデューサーを務めるSCAREless Jen氏のTwitterアカウント上では、「今、私のこれまでで最高の仕事と、共に働いた最も素晴らしいチームに対し、喪に服しています。偉大な時代の終わり。さようなら、UFG」と書き込まれており、何らかの事態があったことを強く感じさせるものとなっています。

『SMASH+GRAB』はSteamにて1,980円にて早期アクセス実施中でしたが、この報道が真実であった場合のSteamの対応については不明です。同作のSteam上での評価は、本記事執筆時点で1033件中75%が好評で「ほぼ好評」とまずまずの高評価を得ています。