●The Daily Dot: 100/100(PC)
『バトルフィールド1』は新時代的で退屈なアクションゲーム像をぶち壊しながら、ソリッドなメカニクスと人目につかない設定を携えた爽快でゴージャスなシューターだ。●GamingTrend: 95/100(PC)
●IGN Spain: 92/100(Xbox One)
●LaPS4: 90/100(PS4)
●Time: 90/100(PC)
●GameSpot: 90/100(PS4/Xbox One/PC)


良い点
記憶に刻みつけられるようなキャンペーンモードは、目標、物語、キャラクター性に富んでいる第一次世界大戦の舞台は『バトルフィールド』のゲーム性に完璧にマッチしているマルチプレイヤーモードの新オペレーションは歴史に基づいた最高傑作マルチプレイヤー用マップのビジュアルは眼福と言って良いほどに魅惑的上質なプログレッションシステムがマルチプレイヤーモードを繰り返し遊ぶための価値を上げている
悪い点
直感的とは言えないユーザーインターフェイスがマルチプレイヤーモードの玉に瑕●Meristation: 88/100(Xbox One)
●Eurogamer Poland: 80/100(PC)
●Forbes: 80/100(Xbox One)
●GamesRadar+: 80/100(Xbox One)


『バトルフィールド』に試され、テストされてきたマルチプレイヤーは、WW1という舞台設定でその素晴らしさを部屋で体感させてくれる。そしてキャンペーンモードにおいても、もし歴史そのものが退屈なものだったとしても興味深いシナリオと言える。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


PS4/Xbox One/PCを対象に10月21日よりリリースされる、『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の海外レビューをお届けしました。本記事執筆時においてXbox One版平均スコアは86点(総レビュー数12件)、PC版は89点(総レビュー数15件)。PS4版平均スコアは算出されていません。



今後のレビューの増加次第ではあるものの、最低点数ですら80点であるのには注目したいところ。第一次世界大戦を描くシナリオやマルチプレイヤーマップは好評を博し、『バトルフィールド』らしいゲーム性に彩りを添え新鮮な設定として多くのレビューで受け入れられていました。一部では、ビークル兵科の性能やシングルキャンペーンの物語性、エイムの不安定さ、グリッチなどが欠点として取り上げられていたものの、やはり作品の完成度は高かったようで、総合点数を大きく下げるほどには至らなかったようです。


本作は国内では『バトルフィールド 1』として、PS4/Xbox One/PCを対象に10月21日発売予定。「Deluxe Edition(先行志願者向け)」と「Ultimate Edition」購入者は10月18日よりプレイできます。