海外ニュースサイトPolygonが伝える所によると、14年間続いた韓国最大の『StarCraft II』のプロリーグがシーズン14を持って終了となることを、韓国eスポーツ協会が発表した模様です。

「プロリーグ終了は難しい決定であった」と語る、同協会の会長Jun Byung Hun氏によれば、これは主に『Star Craft II』のプレイヤー数、競技人口の減少を受けたものとのこと。更に、スポンサーの確保が困難となっていることや、最終的に10人の人間が起訴されることとなった、2015年の、トッププレイヤー2名による八百長問題もリーグ終了の大きな原因となっているようです。

同氏は「スタークラフトは世界的なeスポーツであり続けるだろう」と述べ、11月に行われる“WCS Global Finals”においても韓国eスポーツ協会はプロプレイヤーをサポートしていく手段を探している、としています。