SMACH Teamは、開発中の携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンを開始しました。

元々「Steam Boy」として開発されていた本デバイスは、2015年12月に一度Kickstarterキャンペーンを行ったものの、高い目標額設定などのマネジメントミスを理由としてキャンペーンを早期にキャンセル。再度万全の体制でキャンペーンを行うために、独自に資金調達を行いながら、プロトタイプの制作などを含め開発が続けられていました。

新キャンペーンに際して公開された動画では、Gamescom 2016でのプレイアブルなプロトタイプの展示や、『Metro: Last Light』などのプレイを見ることが可能です。Steamで配信されている1000以上のゲームタイトルに対応し、バッテリー駆動で5時間以上動作するという本機及び高性能版「SMACH Z PRO」のスペックは下記の通り。

CPU: AMD Merlin Falcon RX-421BD (12-15w) SoC 2.1 GHz
コア数/スレッド数: 4/4
内蔵GPU: Radeon R7 800 MHz
メモリー: 4GB (SMACH Z)、8GB (SMACH Z PRO) DDR4 2133 MHz
HDD: 64GB (SMACH Z)、128GB (SMACH Z PRO)
スクリーン: 6インチフルHDタッチスクリーン (1920x1080)(1080pはストレッチゴール達成時のみ)
バッテリー: 5時間のゲームに対応
その他: MicroSDカードスロット、USB 3.0 type C、HDMIビデオ出力、Wi-Fi 5.0 Ghz、4Gモバイルネットワーク接続(PROのみ) 、Bluetooth、1.3Mピクセルフロントカメラ(PROのみ)、D-Padや十字キーなどとも交換可能なタッチ式ゲームパッド部“Z-Pads”

以前に公開されたものと比べるとGPUの詳細やスクリーンサイズの変化など、よりはっきりとした詳細が分かるようになっています。OSについてもLinuxベースの“SMACH Z OS”の他、ストレッチゴールを達成すればWindows10へと正式に対応する模様です。また、気になるユーザーが多いであろう、実際の性能については、高性能版の「SMACH Z PRO」のプロトタイプ上にて、有名ゲームを動かした際の最大FPSが記載されています。

Metro: Last Light Redux (720p. High settings) 〜35 FPS
Company of Heroes 2 (720p. Medium settings) 〜25 FPS
Jotun (1080p) 〜45 FPS
Skyrim (720p. High setting) 〜25 FPS
Just Cause 2 (720p. Medium settings) 〜35 FPS
Spiral Knights (1080p) 〜50 FPS
Overwatch (720p. Medium) 〜30 FPS
Torchlight II (1080p. Very high settings) 〜35 FPS
Xcom: Enemy Unknown (720p. High settings) 〜30 FPS
Civilization 5 (1080p. High settings) 〜28 FPS
Tomb Raider: Survivor (720p. Medium settings) 〜40 FPS
Alien: Isolation (720p. Ultra settings) 〜35 FPS

「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンは本記事執筆時点で残り31日を残した状態で目標額250,000ポンドに対し、168,692ポンドを集めています。279ポンドより「SMACH Z」本体を入手可能な300名限定のコースを備える他、通常の本体は299ポンドから入手可能です。また、高性能版「SMACH Z PRO」は449ポンドより本体を入手可能な300名限定のコースと、499ポンドからの通常コースがあります。

「SMACH Z」は2017年4月にBacker向けへの発送開始、2017年12月から2018年Q1の一般販売開始を目指しています。