Virtuous Gamesが開発を担当した名作リマスタータイトル『Batman: Return to Arkham』。本作の海外向けローンチトレイラーと、海外メディアによるPS4版ゲームプレイが公開されました。

ローンチトレイラーでは、延期を経て、より美麗になった本作のビジュアルが確認でき、旧世代機向けに発売されていたオリジナル版『アーカム・アサイラム』『アーカム・シティ』との比較も行われています。また、強烈な個性を放つヴィランの姿はもちろん、『アーカム・シティ』に登場するロビンの姿も確認可能です。

海外メディアDestructoidは、本作PS4版の中から『アーカム・アサイラム』のゲームプレイを公開中。バットマンがジョーカーを捕まえ、刑務所のような精神病院「Arkham Asylum」へと引き渡す最序盤のシーンが展開しています。


『Batman: Return to Arkham』は、PS4/Xbox Oneを対象に海外で10月18日より発売中。国内では、PS4を対象に2017年中の発売を予定しているとのことです。