先日、海外ゲーム誌Game InformerのAndrew Reiner氏によって、『Half-Life 3』の内部事情が伝えられていましたが、その情報元となったインサイダーへのインタビュー全文が公開。本記事では気になる部分をピックアップしてご紹介します。

Valveは『Half-Life 3』を発表したことがなく、そのようなものも存在しない。
『Half-Life 2』の後で3つのエピソードがあると言ったが、フルゲームや続編と考えられるもは決して約束されていない。
『Half-Life 2』開発中に『Half-Life 3』の可能性は実際に議論された。それは開発者にとって自然なこと。インサイダーの知る最も初期のルーツは2002年か2003年頃。
恐らく2005年頃から数年にわたり、何十人もの人々が『Half-Life 3』や『Half-Life: Episode 3』を想定したプロジェクトに取り組んでいた。
Vaveにとって多くのことが変化した。多数のお気に入りやビッグプロジェクト(『Team Fortress』、『Counter-Strike』、『Dota 2』、Steam、ハードウェア)を抱えており、それらは『Half-Life: Episode 3』よりも大きな比重となっている。
『Half-Life: Episode 3』にはゲイブおよび他の人々は適切に位置しておらず、結局餓死する。それに生を与えようとした人々は、他のプロジェクトに取り組んでいた方が良いと感じている。
いくつかのチームが2〜3人で『Half-Life: Episode 3』または『Half-Life 3』に取り組んでいたと聞いたが、最終的には壁にぶつかった。一部のチームは30〜40人規模になっていた可能性がある。
各チームのアイデアはそれぞれ異なり、シングルプレイヤーに焦点を当てたものから、全く異なるエンターテインメントまで、いずれも違う目的で『Half-Life』キャラクターやブランドを使用しようとしていた。中にはリアルタイムストラテジーに変えたり、実写や選択形式の奇妙なものもあった。そしてこれらはValve全体にとって計画とは考えられていなかった。

※ Valveでは社員それぞれが自由にプロジェクトを立ち上げることができる。それについてはValveの新入社員用ハンドブックを参照。
『Half-Life: Episode 3』を伝えるアイデアは死んでいる。それが起こる世界はない。その穴を埋めるためのスタンドアロン作品が到来する世界があるかもしれないが、かなり難しいだろう。
全世界のファンがその行方を心配している『Half-Life』シリーズ。今回インサイダーが明かしたように、私たちは本当に物語の結末を知ることができないのでしょうか。彼の情報は真偽がハッキリと確認されたものではありませんが、Andrew Reiner氏は情報元を信頼しており、真実であると言われたことを信じているとのことです。


<video width="640" src="http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/916/movie480.webm?t=1447350848" poster="http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/916/movie.jpg?t=1447350848" controls muted></video>
なお、インサイダーは誰もが『Half-Life 3』に関する異なるアイデアを持っているため、Valveにとって最善なのは『Half-Life 3』を諦めて続編ではない代わりの『Half-Life』経験を作り出し、今後一切続編に触れず無視することだと述べています。そして「痛みは時間とともに治まる」と締めくくりました。