「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で様々な新情報が待望のお披露目となった任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」。今回の「海外ゲーマーの声」では、同機の新情報やローンタイトルなどが明かされたイベントに対する海外ユーザーの反応を紹介します。

Nintendo Switchは、3月3日発売。日本、米国、カナダ、欧州主要国、豪州、香港などで同日発売。価格は29,980円(税別)。#NintendoSwitch pic.twitter.com/BFeZSQRiNA— 任天堂株式会社 (@Nintendo) 2017年1月13日
今回の発表で様々な要素が紹介された「Nintendo Switch」専用コントローラー「Joy-Con」ですが、そのサイズ感は海外ユーザーにとって「想定外の小ささ」「Joy-Con XLの発売を待ちたい」「グリップが小さ過ぎて大人には向いてない」とも評価されていました。「Nintendo Classic Mini: Nintendo Entertainment System」と同様にサイズ感受け入れ難さはあったようですが、「キャプチャーボタン」や「モーションIRカメラ」「HD振動」のプレゼンテーションが始動する頃には「結局これっていつ予約できるんだ」「Joy-Conはマジでヤバい」などのコメントもちらほら。カラーリング展開も含め、ポジティブ寄りな賛否両論の感想が見られていました。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、Nintendo Switch版、Wii U版ともに3月3日発売。最新映像を公開。#NintendoSwitch https://t.co/MIlD9h8rZQ— 任天堂株式会社 (@Nintendo) 2017年1月13日
そして気になるのはリリースタイトル。『Splatoon 2』『スーパーマリオ オデッセイ』の発表、そしてベセスダ・ソフトワークスのトッド・ハワード氏やグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏たちから寄せられた提携デベロッパーからのコメントも大きな注目を集めましたが、中でもローンチタイトルの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』には「待ちきれない、『マリオ』リリースまでプレイし続けることになりそう」「このためだけに300ドル払ってもいい」「イベント自体は微妙だったけど『ゼルダ』があったから全部オッケー!」と熱狂的なコメントも。「『ゼノブレイド2』に『ファイアーエムブレム無双』も発表!?こんなことが本当に起こるなんて!このイベントはマジでヤバイ……」と驚嘆の声を漏らす海外ユーザーも見られていました。


Nintendo Switch 買いますか?
なお、Game*Sparkでは「Nintendo Switch」にまつわるアンケートも実施中。上記の「Nintendo Switch 買いますか?」のほか、「プレイしてみたいNintendo Switchタイトル」も回答を募集しているので、「Nintendo Switch」へ特別な想いを感じた方はぜひコメントをお寄せください。