19日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、フランスで行われた女子メジャー最終戦「エビアン選手権」で優勝したチョン・インジ(韓国)が4ランクアップでリディア・コー(ニュージーランド)、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)に次ぐ3位、自己最高位を記録した。

チョンが筆頭となった韓国勢はトップ10以内に5人、トップ100に40人がランクインしている。

メジャーで自己最高位の8位に入った野村敏京は2ランク上昇し19位。日本勢2番手は50位の鈴木愛、3番手は53位の笠りつ子となった。

国内ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」で今季2勝目を挙げたテレサ・ルー(台湾)は5ランクアップの25位。同大会を4位で終え、2年5カ月ぶりにトップ5に入った比嘉真美子は84ランク上げて378位となった。