2016年国内女子ツアー下部ステップアップツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」が20日、広島県廿日市市の芸南カントリークラブで開幕。台風接近の影響で、1時間のスタート遅れで行われた大会初日、荒井舞、岡崎綾子、松森杏佳の3人が3アンダー首位に並んでスタートした。

荒井は強風の中、自己ベストの「69」をマークする首位発進。2番ではピンそば1mにつけてバーディを先行させると、9番では6mを沈めてスコアを伸ばした。ティショットが乱れはじめた後半は3バーディ、2ボギーと粘ってホールアウトした。「あしたも攻めるホールと守るホールを決めて、チャンスが来たら狙っていきたい」と、初優勝を狙って行く。

首位と1打差、2アンダー4位には、西智子、鎌田ヒロミ、谷河枝里子の3人。1アンダー7位には佐藤靖子、久保宣子、小橋絵利子ほか9人が続き、首位と2打差以内に15人がひしめく混戦となった。