国内男子下部チャレンジツアー「elite grips challenge」は23日、群馬県の初穂カントリークラブ で最終日の競技を実施。2位タイから出た香妻陣一朗が7バーディ、ボギーなしの「65」でプレーして通算13アンダーで逆転し、チャレンジツアー初優勝を遂げた。2012年にプロ転向した22歳。姉は、国内女子ツアーで活躍する香妻琴乃。

通算12アンダーの2位に出水田大二郎、永松宏之の2人。通算10アンダー4位に成松亮介、竹内廉、浅地洋佑、狩俣昇平、和田章太郎の5人が並んだ。

初日首位の宮里聖志は5バーディ、3ボギーの「70」でプレーして、通算9アンダー9位でフィニッシュした。