◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 最終日(2日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)◇7315yd(パー72)

2打差を追って3位からスタートした片岡大育が6バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、通算16アンダーで逆転優勝した。2015年5月「関西オープン」以来となるツアー通算2勝目を飾った。


5バーディ、1ボギーとした池田勇太が通算15アンダーで2位。最終18番まで片岡と並んでいたが、3オン2パットのボギーを喫してツアー通算15勝目を逃した。

単独首位から出た谷原秀人は通算14アンダーの3位で終えた。自己ベストとなる今季3勝目は惜しくも逃したが、賞金ランク1位の座はキープした。

通算10アンダーの4位に川村昌弘、武藤俊憲、宮里優作の3人が続いた。

<主な上位の最終成績>
優勝/−16/片岡大育
2/−15/池田勇太
3/−14/谷原秀人
4T/−10/川村昌弘、武藤俊憲、宮里優作
7T/−9/亀代順哉(アマ)藤本佳則