◇国内女子ステップアップ◇フンドーキンレディース 2日目(28日)◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6530yd(パー72)

ルーキーの照山亜寿美とベテランの前田久仁子が通算6アンダーで首位に並んだ。今年のプロテストで合格したばかりの22歳・照山は「やっとステップアップツアーにも慣れてきた。もちろん狙うは優勝です」。一方、2000年にプロテストに合格した前田も、あすの最終日は初優勝を目指す一日となる。

初日首位に並んでいた4人は、1つ伸ばした岡崎綾子が2打差の3位に耐えたものの、ほかの3人が苦しんだ。2ダブルボギーなど出入りの激しかった川岸史果は2つスコアを落とし、森美穂らと並ぶ通算1アンダーの13位。山口莉穂と井上りこは「77」でカットライン上の通算2オーバー39位まで順位を落とした。