◇国内女子ステップアップ◇フンドーキンレディース 最終日(29日)◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6530yd(パー72)

54ホールを終えて通算6アンダーでルーキーの照山亜寿美と岩橋里衣が並んでホールアウト。プレーオフ2ホール目で岩橋がボギーとしたのに対し、照山はパーでまとめ、ステップアップツアー初優勝を飾った。

首位から出た照山は一進一退のスコアで終盤に入ったが、15、16番の連続バーディでスコアを伸ばしたところで雷雲接近のため1時間41分間の中断。「こんなにゴルフやっているのに、中断って初めてだった」という初体験もあってか、最終18番のボギーで「72」とし、プレーオフ決着となった。同組で優勝を争い1打差の3位に終わったベテラン前田久仁子らから「雨も降っているし、パーを取れば大丈夫」とプレーオフ前に励まされ、落ち着きを取り戻したという。

照山はこの優勝で賞金360万円とレギュラーツアー4試合の出場権を獲得。今年のプロテストに合格したばかりで、まだレギュラーツアーへの出場経験はない。