栃木県の烏山城CC 二の丸・三の丸コースで開催中されている、国内女子メジャー第3戦「日本女子オープン」の最終日。最終組が前半9ホールを通過し、2打差を追ってスタートした堀琴音が2つ伸ばし、通算5アンダーの単独首位でサンデーバックナインへ折り返した。堀は最終組の1つ前。

アマチュアの畑岡奈紗(17=ルネサンス高3年/13H終了)が1打差の通算4アンダーで追う。畑岡は優勝すれば17歳263日での達成となり、宮里藍が2005年大会で樹立した20歳105日の大会最年少優勝記録を更新する。また、アマチュア初のメジャー制覇となる。

通算3アンダーの3位タイに、李知姫(13H終了)、申ジエ(10H終了)の韓国勢。2試合連続優勝がかかる李は、11番(パー3)でホールインワンを決めて優勝戦線に浮上した。

15歳278日でのツアー最年少優勝をかけて2打差リードの単独首位から出た長野未祈(千葉・麗澤高1年)は4つ落とし、通算1アンダーの5位タイに後退。2番でボギーが先行すると、6番では3オン3パットのダブルボギーをたたいて後続組に吸収された。前年優勝のチョン・インジ(12H終了)らが並んでいる。