◇国内男子◇HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 初日(6日)◇石岡ゴルフ倶楽部(茨城)◇7071yd(パー71)

41歳でツアー未勝利の海老根文博(えびね・ふみひろ)が7バーディ、ボギーなし「64」で回り、デビッド・オー(米国)と7アンダー首位に並んだ。

1999年にツアーデビューした海老根は、今年7月「ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント」で自身初のトップ10入りを果たしている。

ゴルフの名門校、地元茨城の水城高校出身。昨年はアジアンツアーで腕を磨いた。「とにかくパターが良かった」と、最終9番で残り200ydの第2打をピン奥3mにつけると、スライスラインを読み切ってバーディフィニッシュとした。

今季出場した国内ツアーは今週を含め9戦。賞金ランク114位と低迷し、苦しいシーズンが続く。「初日に良いスコアでまわって、少しでもリランキング(出場優先)順位を上げたい」と言うのが今週のモチベーション。突然めぐってきた出場チャンスを最大限に活かしたい。

6アンダー3位にキム・スンヒョグ(韓国)が続いた。5アンダー4位に今季未勝利の宮里優作、賞金ランク7位の今平周吾、今季「SMBCシンガポールオープン」を制したソン・ヨンハン(韓国)、額賀辰徳ら9選手が並んだ。

前週優勝の片岡大育が4アンダー13位タイで続き、賞金ランク1位の谷原秀人は1アンダー49位とした。

<主な上位成績>
1T/−7/海老根文博、デビッド・オー
2/−6/キム・スンヒョグ
4T/−5/宮里優作、今平周吾、富村真治、正岡竜二、額賀辰徳、I.J.ジャン、ハン・ジュンゴン、チャン・キム、ソン・ヨンハン