◇国内シニアメジャー第2戦◇日本プロシニア選手権住友商事サミットカップ 事前情報◇サミットゴルフクラブ(茨城)◇6935yd(パー72)

2週間のオープンウィークを挟んだメジャー連戦の2戦目。1962年から続く歴史ある大会は今年で55回目を数え、サミットGCに舞台を移してから4回目の開催となる。

前年大会は室田淳が初日からの首位を守る完全優勝で大会4度目の制覇を成し遂げた。今季シニアツアーでも、レギュラーツアーや海外メジャーに出場しながらすでに2勝を挙げており、タフネスぶりでは健在だ。

ただ、2年連続賞金王へは、今季からのシニア参戦のプラヤド・マークセン(タイ)が大きな壁として立ちはだかりそう。すでに3勝で賞金トップを快走し、現在2連勝中でもある。同2位の崎山武志も初の今タイトル獲得を虎視眈々と狙っている。2014年大会優勝の尾崎直道、13年大会優勝の渡辺司らも出場する。

【主な出場選手】
室田淳、P.マークセン、尾崎直道、渡辺司、倉本昌弘、中嶋常幸、崎山武志、井戸木鴻樹、芹澤信雄、奥田靖己、G.マイヤー、羽川豊、田村尚之、F.ミノザ