◇米国女子◇フボンLPGA台湾選手権 3日目(8日)◇ミラマーG&CC(台湾)◇パー72

首位タイから出た今季2勝のジャン・ハナ(韓国)が10バーディ、ノーボギーの「62」をマーク。通算16アンダーとして混戦の上位グループから一気に抜け出し、後続に6打のリードをつける独走首位で最終日を迎える。

通算10アンダーの2位にフォン・シャンシャン(中国)。通算9アンダーの3位にパク・ヒヨン(中国)が続く。

10位タイから出た横峯さくらは、前半9番から4連続で伸ばすなど6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。通算7アンダーに伸ばし、6位タイへの再浮上を果たした。

前年優勝者のリディア・コー(ニュージーランド)は18位からのスタート。「69」と伸ばして通算4アンダーの16位に順位を上げたが、大会連覇は厳しい状況に追い込まれた。

26位から出た宮里美香は7バーディ(1ボギー)を量産して「66」と伸ばし、通算5アンダーの12位タイに浮上。野村敏京は通算2アンダーの26位タイ、宮里藍は通算1オーバーの44位タイで続いた。