◇国内女子◇スタンレーレディス 事前◇東名CC(静岡県)◇6586ヤード(パー72)

史上初の快挙に湧いた「日本女子オープン」の興奮冷めやらぬ中、ツアースケジュールは進行する。今週は雄大な富士の麓に広がる東名CCで、7日(金)から3日間、国内女子ツアー第30戦の「スタンレーレディス」が行われる。

昨年は、濃霧のために最終日が9ホールとなった短期決戦をイ・ボミ(韓国)が逆転で制して年間5勝目を達成。同時に年間獲得賞金額でツアー新記録を樹立した。今年も好調なシーズンを送ってきたイだが、連戦で疲労の色は濃く、前週は初日終了後に体調不良のため途中棄権。今週の状態は未知数だ。

日本中を驚かせた高校3年生のメジャー覇者・畑岡奈紗は、今大会にもアマチュアとしてエントリーしている。「プロになりたい」とその意向は明確にしており、今大会終了後にプロ転向の手続き(ツアープロ単年登録)を行うことが濃厚だ。アマとして出場するおそらく最後の大会で、日本ツアー初のアマ2勝目(連勝)もかかり、大きな注目が集まりそうだ。

賞金女王争い、来季のシード権争いはここからが正念場。イを追う笠りつ子、鈴木愛らの巻き返し、またスタンレー電気契約の金田久美子(所属)、斉藤愛璃らの活躍に期待したい。

【主な出場予定選手】イ・ボミ、畑岡奈紗(アマ)、柏原明日架、金田久美子、木戸愛、香妻琴乃、斉藤愛璃、下川めぐみ、鈴木愛、堀琴音、渡邉彩香、勝みなみ(アマ)