◇アジアパシフィックアマチュア選手権 2日目(7日)◇ジャック・ニクラスGC(韓国)◇7062yd(パー72)

優勝者に2017年の「マスターズ」出場権が付与されるアマチュア大会で、今年の「日本アマ」覇者の亀代順哉(大阪学院大4年)が健闘中だ。4位から出た2日目を4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算7アンダーの単独3位に浮上。首位のブレット・コレッタ(オーストラリア)に3打差の好位置で、決勝ラウンドに駒を進めた。

日本勢は、亀代を含めて6人が出場。2打差の2位から出た小斉平優和(茨城日本ウェルネス高3年)はイーブンパーと伸び悩み、通算5アンダーの4位タイに後退。7位から出て2つ伸ばした金谷拓実(広島国際学院高3年)が並んでいる。

比嘉一貴(東北福祉大3年)は通算1オーバーの17位タイ。大西魁斗(IMGアカデミー)は通算2オーバーの21位タイ。石徳俊樹(大阪学院大4年)は通算7オーバーの46位タイとし、全員が決勝ラウンド進出を決めた。

本大会の特典として、優勝者への「マスターズ」出場権のほか、上位2人に「全英オープン」の予選会出場権が与えられる。