◇国内女子◇スタンレーレディス 最終日(9日)◇東名CC(静岡県)◇6586yd(パー72)

悪天候の影響で競技短縮となった計36ホールの短期決戦は、午前10時58分に第2ラウンドが再開。ともに後半10番からの9ホールをプレーしたイ・ボミとアン・ソンジュ(ともに韓国)が通算6アンダーの首位タイでホールアウトし、決着は2人によるプレーオフに委ねられた。

最終18番(パー5)で、最終組の3つ前を回るイが7mのバーディを決めて、先にフィニッシュ。最終組1つ前のアンが1mのバーディパットを沈めて並んだ。

いずれも1打差の4位から同組でスタートしたアマチュアの畑岡奈紗(17=ルネサンス高3年)と勝みなみ(18=鹿児島高3年)は、後半10番から再開。畑岡は1バーディ、1ボギーの通算4アンダー、勝は2バーディ、3ボギーの通算3アンダーに終わり、ツアー史上初となるアマチュア2勝目はならなかった。