◇国内男子◇HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 最終日(10日)◇石岡ゴルフ倶楽部(茨城)◇7071yd(パー71)

日没順延により持ち越されたサドンデス形式のプレーオフを5ホール目から再開し、池田勇太が9ホール目でソン・ヨンハン(韓国)を振り切った。4月の「パナソニックオープン」以来となる今季2勝目、ツアー通算15勝目をマークした。

プレーオフは前日に引き続き18番ホールの繰り返しで行われ、午前7時半に再開した5ホール目から8ホール目まで両者パー。9ホール目でパーオンを逃したソンに対し、池田は2mのバーディパットを沈めた。

大会は3日目に降雨による中断を挟み、最終日の午後4時過ぎに72ホールを完了。最終ラウンドを「66」で回った池田と、「68」のソンによるプレーオフ(18ホールの繰り返し)に突入した。両選手ともに4ホール連続でパーとした直後の午後5時15分に日没サスペンデッドとなり、国内男子ツアーでは史上初めてプレーオフが月曜日に持ち越された。

1973年のツアー制施行後、国内男子ツアーの最長プレーオフ記録は、ピーター・トムソンがグラハム・マーシュ、ブライアン・ジョーンズ、宮本省三との4人の争いを制した1976年「ペプシウィルソントーナメント」の14ホールとなっている。

【上位の成績】
順位/スコア/選手名
優勝/−14/池田勇太
2/−14/ソン・ヨンハン
3T/−13/片山晋呉、ハン・ジュンゴン
5/−12/宮里優作
6/−11/藤本佳則