タイガー・ウッズが10日(月)、1年2か月ぶりの復帰を予定していた13日(木)開幕の米国男子ツアー「セーフウェイオープン」(カリフォルニア州シルバラードCC)へのエントリーを取り消した。自身の公式ホームページで発表した。

ウッズは昨年8月の「ウィンダム選手権」を最後に、腰の故障を理由として戦線離脱。2015―16年シーズンの出場はゼロ。ことしはキャリアで初めて4大メジャーをすべて欠場した。

手術と約1年のリハビリを経た9月上旬に、同じく公式ホームページ上で16−17年シーズンの開幕戦である「セーフウェイオープン」での復帰を目指すことを明らかにし、締め切りとなる前週7日(金)までにエントリーを済ませたが、大会初日の3日前に急きょ欠場を決めた。同じく出場を予定していた11月の欧州ツアー「トルコ航空オープン」(トルコ・レグナムカーヤゴルフ)への参戦も見送った。

声明でウッズは「熟慮したうえで、まだPGAツアーやトルコでプレーする準備が整っていないと分かった。体の調子も精神状態も良いが、ゴルフの状態はまだ隙だらけで、十分な状態にない」と明らかにした。

2週前には米国選抜の副キャプテンのひとりとして「ライダーカップ」に参加。「セーフウェイオープンに出ることを発表した時も、プレーする気でいたが、確実な状態ではなかった。ライダーカップチームで時間を過ごし、大変な名誉と経験に刺激された。その後、数日間カリフォルニアで練習したが、世界のベストゴルファーたちと争う準備はできていないと判断した」

今後は12月に自身の基金が主催するツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」(バハマ・アルバニー)での復帰を目指すという。