◇国内女子◇富士通レディース 事前情報(13日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6635yd(パー72)◇ 今月20日に開幕する来季米国女子ツアーの出場権を争うセカンドQT(米国フロリダ州/プランテーションG&CC)にエントリーしていた藤本麻子が、急きょ出場を見送ったことを明かした。2週間前に足首痛が悪化し、大事をとることを優先した。

2週間前の「日本女子オープン」では、もともと左足首に抱えていた痛みが右足首まで達し、1ラウンド終了後に「生まれて初めて」という途中棄権。翌週の「スタンレーレディス」も欠場し、静養に努めていた。医師には『アキレス腱周囲炎』と『アキレス腱滑液包炎』と診断され、骨盤のゆがみが影響している可能性があるという。

「今年だけではないし、体が良くないと何もできない。今は無理をせず、(また来年に)ベストを尽くしたい」と話した。(千葉市緑区/塚田達也)