◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(14日)◇狭山ゴルフ・クラブ(埼玉)◇7208yd(パー70)

4年ぶり出場の松山英樹と石川遼、2013年の「マスターズ」覇者アダム・スコット(オーストラリア)のペアリングは午前7時35分、イン10番からティオフした。オーバーパーをたたく選手が続出する中、5オーバー61位から出た石川遼は5バーディ、2ボギーの「67」をマーク。通算2オーバーと3つスコアを伸ばしてホールアウトした。

1オーバー15位で出た松山英樹は3バーディ、3ボギーの「70」でプレーして、通算1オーバーとし、ともに予選通過を確実にした。

6オーバーの75位でスタートしたアダム・スコット(オーストラリア)は、1イーグル1バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「74」をたたき、通算10オーバー。昨季の米PGAツアーで予選落ちがなかった世界ランク6位の実力者は、決勝進出は危機的な状況となった。

第2ラウンドで3ホールを終えたリュー・ヒョヌ(韓国)が、4アンダーで首位に立っている。