◇国内女子◇富士通レディース 最終日(16日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6635yd(パー72)

43位からスタートした表純子は3バーディ、1ボギーの「70」と2つ伸ばし、通算1アンダーの13位でホールアウト。賞金ランクは1つ浮上の36位にとどまり、3週間後の「TOTOジャパンクラシック」出場資格が得られるランク上位35人に約108万円差で届かなかった。

欠場者が出れば繰り上がりで出場できる可能性はあるが、現状のままだと更新中(※)のツアー連続出場記録は、最多でも2週間後「樋口久子 三菱電機レディス」までの208試合で途切れることになる。

ホールアウト後の表は「7アンダーは出さないと無理かなあ、と思っていたので、自力では難しいと思っていた。ただ、(欠場者が出ることを)待つのみですね」とサバサバした様子だった。なお、現時点で上位35人に欠場者は出ていない。(千葉市緑区/塚田達也)

※表純子の連続試合出場
2015年6月「アース・モンダミンカップ」で連続出場を155試合とし、北田瑠衣が保持していた154試合を抜いてツアー記録を更新。今年9月「ゴルフ5レディス」で節目の200試合連続を達成した。なお、出場資格がある試合に限定した連続記録では、今堀りつの482試合(1982年〜95年)がある。