◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 初日(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

2017年の2戦目を戦う松山英樹は6バーディ、2ボギーの「66」で回り、4アンダーで第1ラウンドのプレーを終えた。ホールアウトした時点では暫定20位。「59」をマークしたジャスティン・トーマスが11アンダーの単独首位に立っている。

松山は前半アウトを3バーディとして折り返し。後半は17番までに2バーディ、2ボギーと一進一退の展開が続いたが、最終18番(パー5)で第2打をグリーン左まで運び、バーディで締めくくった。

既にホールアウトした日本勢は谷原秀人が3アンダー、片岡大育はイーブンパー。小平智、宮里優作、岩田寛は松山の後にプレーを終える。