52歳のウッディ・オースティンが、米国シニアツアーの「ダイアモンドリゾート招待」(非公認試合)の第1ラウンドで「59」をマークした。1イーグル10バーディ、ボギーなし(パー71)。前日に米国ツアー「ソニーオープンinハワイ」の第1ラウンドで、「59」を出したジャスティン・トーマスが話題になったが、米国ゴルフは連日の「50台」のニュースとなった。

オースティンは米国ツアー4勝を上げた実力者。シニアツアーでは勝ち星はないが、この日は5連続を含むバーディラッシュを見せた。スコアを確認すると驚いた様子を見せ、「パー71ということを知らなくて、自分のスコアは『60』だと思っていた」と興奮気味に話した。

なお、今年から始まった同大会は、シニアツアー選手と米女子ツアー選手、著名人が合同でプレーする。