◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(13日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

4アンダーの21位から出た松山英樹は、4バーディ、1ボギーの「67」をマーク。通算7アンダーは24位タイに下げながらも決勝ラウンド進出を決め、「良いところも悪いところもあり、ちぐはぐしながらも伸ばせたのは良かった」と、連日のアンダーパーを評価した。

前半インはティショットが左右に散り、決定的なチャンスをなかなか作れない展開。17番(パー3)では1打目を左のガードバンカーに入れ、5m強のパーパットを外してボギーが先行した。続く18番(パー5)も2打目を再びガードバンカーに入れたが、今度は2mを決めてバウンスバック。ショットの精度が増した後半に入り、1番で1.5m、3番で3m、9Iで1m弱につけた7番(パー3)と3つのバーディを重ねた。

後半は8番までフェアウェイを1度しか外さず復調気配を見せていたショットだが、松山の中では「(前半から)そんなに変わっていない」。パー5の最終9番では、1Wで左のバンカーに打ち込み、4Iで打った2打目をバンカーのアゴに当てるなどパー止まり。パットに関しても「悪くはないけど、カップに嫌われたりしてなかなか入らない」と納得には至っていない。

しかし、今大会5回目の出場で60台を2日間並べたのは初めてのこと。決勝ラウンドに向けてショット修正の必要性を感じながらも、「ミスも多かった中で伸ばせたし、こんな感じでやれれば(決勝も)伸びるんじゃないかな、とは思います」と週末に巻き返す構えだ。何よりも、6戦で優勝4回、2位2回と、まさにトップで戦い続けるこの3カ月間が、周囲の期待を高くする。今の松山に、上位の背中は決して遠くない。(ハワイ州ホノルル/塚田達也)