強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる影響で、岐阜県内は14日から15日にかけて平野部でも大雪となる見込み。岐阜地方気象台は積雪や路面の凍結による交通事故などに注意を呼び掛けている。  気象台によると、14日午前0時現在の積雪は大野郡白川村86センチ、飛騨市河合町70センチ、郡上市白鳥町長滝61センチ、本巣市根尾の樽見28センチなど。岐阜市では今季初の積雪を観測した。  14日午後6時までの24時間に予想される降雪は多い所で▽岐阜・西濃・中濃地域の山地60センチ、平地20センチ▽東濃地域の山地20センチ、平地10センチ▽飛騨北部の山地60センチ、平地30センチ▽飛騨南部20センチ。その後、15日午後6時までの24時間の降雪は山地で50〜70センチ、平地で10〜30センチと予想している。  気象台は「交通機関の乱れが予想される。時間に余裕を持った行動を心掛けてほしい」と強調、雪による視界不良や突風、雪崩にも注意を促している。  一方、中日本高速道路は、名神高速道路、中央自動車道、東海北陸自動車道の県内を含む区間などで大雪による通行止めが予想されるとして不要不急の外出は控えるよう呼び掛けている。