日本列島は14日、非常に強い寒気の影響で北日本から西日本までの日本海側を中心に広く大雪となった。  岐阜県内でも午前8時現在、大野郡白川村で96センチの積雪を観測するなど各地で大雪となり、岐阜市でも8センチ積もった。岐阜地方気象台は雪のピークは過ぎたものの、15日にかけて平地でも大雪になる所があるとして、積雪や路面凍結による交通事故などに注意を呼び掛けている。  気象台によると、14日午前8時現在の積雪は飛騨市河合町78センチ、郡上市白鳥町長滝59センチ、本巣市根尾の樽見39センチ、高山市街19センチ、不破郡関ケ原町15センチなど。積雪の影響で、県は同日、県営各務原公園を臨時閉園とし、養老公園(養老郡養老町)や百年公園(関市)、花フェスタ記念公園(可児市)の一部施設も閉鎖。  15日午前6時までの24時間に予想される降雪は多い所で▽岐阜・西濃・中濃地域の山地70センチ、平地30センチ▽東濃地域の山地10センチ、平地5センチ▽飛騨北部の山地70センチ、平地30センチ▽飛騨南部15センチ。その後、16日午前6時までの24時間の県内の降雪は、山地60〜80センチ、平地10〜30センチと予想している。  気象台は雪による視界不良や、着雪による停電や倒木、落雷、突風、雪崩などにも注意を促している。  県警まとめでは、積雪や路面凍結などによるスリップ事故が14日午前9時までに59件(うち人身事故1件)発生し、1人が軽傷を負った。