現地時間で2016年9月7日に発表されたばかりの「iPhone 7/7 Plus」ですが、さっそく「次世代iPhoneではホームボタンがなくなる」という噂が飛び出しています。

IPhone 7 Review: Though Not Perfect, New iPhones Keep Apple’s Promises - The New York Times
http://www.nytimes.com/2016/09/15/technology/personaltech/iphone-7-review-though-not-perfect-new-iphones-keep-apples-promises.html

Apple's next iPhone probably won't have a home button | The Verge
http://www.theverge.com/2016/9/13/12902366/iphone-2017-virtual-home-button

The New York Timesが報じるところによると、iPhone 7の次のモデルとなる「iPhone 8(仮称)」では現在の物理的なホームボタンが廃止され、ディスプレイに直接搭載された「バーチャルボタン」と呼ばれるホームボタンが搭載されるとのことです。この噂が実現すれば、iPhone 8のディスプレイは端末前面全てをカバーできるようになるため、従来と同じサイズの筐体でより大きなディスプレイを搭載したり、従来通りのディスプレイサイズでよりコンパクトな端末を実現可能となります。

この「次期iPhoneではホームボタンがなくなる」という噂は過去には数回挙がっていたもので、BloombergやThe Wall Street Journalといったメディアでも、「次期iPhoneではホームボタンがなくなる」「端末の端から端までディスプレイになる」といった可能性が報じられてきました。

iPhone 8はワイヤレス充電・ホームボタン撤去・OLEDディスプレイ搭載など大幅変更アリか - GIGAZINE

物理的なホームボタンを廃止し、「バーチャルボタン」を採用するという大胆な発想は、iPhone 7/7 Plusでイヤホンジャックを廃止したAppleだからこそありそうな話でもあります。また、現状のホームボタンがiPhoneにおける多くの領域を占有しており、その両サイドにはボタンも何も配置されていないデッドスペースがあることからも、ホームボタンの一新はありそうな話ではあります。ただし、この「バーチャルボタン」がどのようなものになるのかは一切不明なままで、Androidのように画面上にボームボタンを表示するようなものになるのか、それともAppleが何かしらの独自のアイデアを温めているのかはわかりません。

また、iPhoneのホームボタンは「ホーム画面に戻る」という役割だけを担っているわけではありません。指紋認証機能のTouch IDはiPhoneのホームボタンに搭載されている重要な機能で、もしもホームボタンがなくなればこの機能も何かしら形を変える必要性に迫られます。Xperiaシリーズのように端末の電源ボタンに指紋認証機能を搭載することになるのか、はたまたその他多くの指紋認証機能を搭載したAndroid端末のように端末背面に指紋認証機能だけ移動させることになるのか、それともまったく別の代替案が採用されるのかは現在のところ不明です。

なお、iPhone 7/7 Plusではホームボタンが生まれ変わっており、Taptic Engineと連携することでディスプレイのように圧力が感知できるように進化しています。この新しくなったホームボタンもわずか1年で廃止されるのか、注目が集まるところです。

Photo By Kārlis Dambrāns