大自然の中でもSNSを常にチェックしていたいですか?

海外旅行をすると、けっこう街中にあちこちWi-Fiがあって便利だと感じること多いですよね。レストランやカフェ、アパレル店なんかにもあって、写真ポストや待ち合わせに非常にありがたい。それと比べると日本は無料で使えるWi-Fiが少なく、そこはおもてなしせんでいいのかいと思うこの頃。でもね、場所によってはWi-Fiがなくて当たり前のところもあるわけで…。

国土が広大な米国では、あちこちに大自然を堪能できる国立公園があります。グランド・キャニオン国立公園やヨセミテ国立公園なんかは、その中でも特に有名ですね。キャンプやハイキングなどを目的に多くの人が訪れます。が、近年、来場者の中から、公園にテクノロジーを求める声があがっているといいます。公園を管理、運営する国立公園局には、「なぜ、公園内にWiFiが飛んでないんだ!」という苦情がよせられています…。

米GizmodoのNovak記者が、Freedom of Information Actを通して、イエローストーン、ジョシュア・ツリー、ヨセミテ、3つの国立公園によせられた苦情を調べたところ、予想よりは少なかったものの、確かにありました。トップ画像になっているのはその一部。

中には、的を得ているものもあります。例えば、2013年に運営ボランティアからよせられたもので、2011年以降Verizonの電波状況が著しく悪化しているという内容。確かに検討すべき問題なのですが、これは公園ではなく、Verizon側に言うべきことではないかと。

その他の苦情は、まぁ正直「じゃあ都会にいろ!」と言いたくなるようなものばかり。苦情コメントは、アンケート用紙のまま画像で、米Gizmodoに何枚か掲載されています。読みたい人はどうぞ…。



「公園内でWi-Fiアクセス見つからないんだけど。なんで? 2012年にこれはないわ」


米国の国立公園は大自然を楽しむところです。テクノロジーの手が届いていないのは、マイナスではなくプラスの要素ととるべき。広がる山々、川、谷をリアルタイムでネットにポストする以外の自然の楽しみ方、それが最大の観光資源のはずなのですが…。はぐれたとき、緊急時に連絡がとれないのは怖いですが、自然の脅威とはそういうこと。

いや、でも待てよ。Facebookが巨大な飛行機飛ばして世界中にインターネットを提供するプロジェクトを進めていますよね。そう考えると、いつかは大自然うんぬんではなく、地球上どこにいてもネットにありつけることに。とすれば、「なんでWi-Fiないの? 20XX年にこれはないわ」という苦情が正当である時代がいずれくることになりますね。


Matt Novak - Gizmodo PALEOFUTURE[原文
(そうこ)