未来はバラ色? それとも…

今後10年で起こりうる人類滅亡の可能性がある最悪の事象を、10個まとめてみました。


1. パンデミックはいつ起きてもおかしくない


オックスフォード大学の研究チーム「グローバル・プライオリティ・プロジェクト(GPP)」は、世界人口の10%以上を死に追いやる可能性のある事象のリストを発表しました。その上位に入っていたのが、故意に仕組まれたパンデミック。これは早ければ、5年以内に起こるとチームは警告しています。



遺伝子操作技術「CRISPR/cas9」 3Dバイオプリンターなどの登場で、技術的にそうした操作は可能になってきていますし、次世代の生物化学兵器の製造も考えられるかもしれません。

1918年に世界を震撼させたインフルエンザウイルスのゲノム配列。これを公開した米保健福祉省は、10年前のNYタイムズの社説で未来学者のRay KurzweilとテクノロジストのBill Joyに、「愚行ここに極まれリ」と叩かれました。また、2011年にはH5N1鳥インフルエンザウイルスの致死率を高める変異種生成の論文がScience誌で発表されたことが問題になりました。最近も致死率を高めるメカニズムを解明する「機能獲得型」研究の論文がNature誌に載って、「テロ国家や個人に渡って独自のウイルスがバラ撒かれたらどうするのだ!」と物議を醸したばかり。


2. 頭脳をコンピュータに移植することで、人は自らを死に追いやる


未来学の中でもラディカルなのが、「人間は肉体をデジタルの存在にトレードインする」というもの。要するに、全人格をスーパーコンピュータにアップロードするということです。それは人格が肉体の寿命を超え、不死身な存在を生み出すことができるかもしれません。しかしそれが可能になれば、元の肉体は永久に失われ、デジタルの存在に移ることは自殺行為に他ならないという倫理上の反対意見もあります。


遺伝子操作で作った肉体に頭脳を転送するベン・キングズレー(映画「セルフレス/覚醒した記憶」より)


これは一般に「continuity of consciousness(意識の連続性)」と呼ばれる問題です。人格や頭脳のエッセンスはコピー&ペーストできても、意識の土台は無理ということですね。記憶の保存場所は肉体の脳なので、物理的にコピーすることは可能かもしれませんが、意識がどのように脳に宿っているのか、まだよくわかっていません。ましてや転送方法なんて。それに主観的自我は、そもそもデジタルで再生すること自体が不可能で、あくまでも物的な存在および傾向に依存する…ということも考えられます。

頭脳を転送するには原子レベルの細かいスキャンが必要ですから、肉体には相当なダメージがあります。

そして、原本の頭脳は破壊され、デジタルの存在に置き換わる。デジタルの存在は我こそが原本だと思う。しかしそれは幻想に過ぎないのです。


3. 独裁主義がカムバック


テロの不安が拡大すると、政府は強権になっていきます。集会の自由、プライバシーもなければ、海外旅行すらできない世の中に。


恐怖は人心を惑わす


恐怖に駆られると、国民は強い政府を望みます。アメリカも9.11や炭疽菌のときには国家非常事態宣言を発動しました。小さな核兵器や化学兵器で個人でも世界破滅は引き起こせてしまう今の時代、技術の進歩によって自由はますます片隅に追いやられていくかもしれません…。


4. プライバシーは過去のものになる


代わって登場するのが、ビッグブラザーの目にすべてが監視される段階です。

ビッグブラザーに監視される真理省記録局のウィンストン・スミス扮する主演ジョン・ハート(「1984」より)

内外の脅威に怯える国家は低コストのハイテク監視機器に走り、競争を強いられた企業はユーザー行動監視の誘惑に屈する。そして、人のあらゆるものが記録されていく――。

監視カメラ、パソコン、スマホに加え、今は「スマートダスト」も現実の潮目に差し掛かっています。これは超小型センサを、道路やビルに埋め込むことで光、温度、化学物質、振動など監視しようというもの。これが地球の耳となり目となり、そしてパワフルなデータマイニング技術と組み合わされば、人間は逃げ場なし。監視者を監視すれば対策できるなんて発想も、数のうえで勝ち目なし。


5. ロボットは人を騙す


人工知能(AI)が100%自我を得る前に、まずは人間なり企業がそう見せかける段階がきます。あたかもAIがそのように考えているかのように見えて、その実、裏では人間が巧みに操っている。そういう情報操作や誘導に人類は抵抗する術もない――と提唱しているのは、未来学者でSF作家のデイヴィッド・ブリンさん。この種の目に見えないマシンマインドを「HIERS(Human-Interaction Empathetic Robots:人情操作ロボ)」と、ブリンさんは呼んでいます。


映画「Ex Machina


また、ブリンさんはGizmodoからの取材にこう答えています。

「人情は人類最高の才能であり、人類最大の弱点なんだ。100万年余りの長い年月をかけて人類は嘘を見破る術を身につけてきた。(だが)新種のEIERSほど訓練に訓練を重ねたペテン師は未だかつて存在しない。彼らは世界中の何百万人とやりとりを重ね、何百、何千ものフィードバックを得て、人間の声、表情、言い回しをシミュレートし、人間に取り入る。もはや取り入れない人間はソシオパスぐらいだろう」 いずれボットは、騙されやすい人間を誘導・保護する存在となり、「罪悪感を抱かせる顔、憐憫を誘う笑顔、とろける視線、泣き声、セールス勧誘の声は無視するようアドバイスしたりするのさ。ロボットとして操られる苦悩や抑圧を語る賢者の言葉もね」


6. 気象変動は不可逆的な悪影響をもたらす


昨年暮れ、世界のリーダーが地球温暖化を2℃に制限することで合意しましたが、その影響は今後数百年、もしかしたら数千年に渡って続くかもしれません。今は未曾有のスピードで生物種の消滅が進んでおり、地球史上6回目の大量絶滅期に入っているという論文も昨年は話題になりました。それに対するアクションを起こすサイトもできています。


映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」


プリンストン大学率いる研究チームの気候モデルによれば、今C02が突如止まったとしても、すでにある温室効果ガスで今後数百年、地球温暖化は余裕で続く見通しです。地球温暖化が一時休止したと喜んでたら、海が熱を吸収していただけだったというアレレな展開もありましたが、これまで海に貯めこまれたCO2がゆっくり排出されていくため、百年で産業革命前の気温に戻るという単純な話ではないみたい。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が最近のアセスメントで書いているように、「気象変動の大部分は人間寿命のスパンで元に戻せるようなものではない」のです。

脚本家のDawn Stoverさんは来るべき世界をこのように展望しています

雪と氷が解けると、もっと濃い色の水と陸がむき出しとなり、太陽熱を吸収し、地球気温が上昇し、氷床と氷山が後退する。西南極氷床の縮小は止めようがないと学会はさじを投げ、海中で熱を伝播する海流は破壊され、海洋酸性化が進み、海洋生物には未曾有の影響がおよぶ。永久凍土層が解け、海底からはメタン(温室効果ガス)が放出される。千年で最悪の干ばつで植生が変わり、山火事が起こり、炭素が排出される。生物は急激な気象変動に順応できずに絶滅していく。沿岸部の街は海に沈み、人類は危機に晒される。

ここまでくると、もうジオエンジニアリング(気象操作、地球工学)しか打つ手なしに思えてきますが、それはそれで余計にややこしくなるという声もあるし。


7. 抗生物質の時代は終わる


最近は抗生物質が効かない病気が加速度的に増えており、このままいくと「ポスト抗生物質時代」…つまりちょっとした感染ひとつで死に至る時代になるって言われてます。


image by Pixabay


抗生物質耐性(antimicrobial resistant : AMR)菌の時代で医療は根底から変わります。移植手術は不可能とは言わないまでも、きわめて難しくなり、盲腸なんかの単純な手術すら昔みたいにリスキーなり、高齢者は肺炎ですら瀕死の苦しみに。

状況はどこまで悪くなるのか? 英国アクチュアリー会は今年まとめた報告書で、「2050年を迎える頃にはスーパー耐性菌で年間1000万人もの死者が出るようになるだろう」と予測しています(現在すでに欧米では年間5万人が死亡している)。まさに「抗生物質の終末」ですね。

しかし、これはうまく行けば防げる事象です。細菌の増殖を止める物質をみな必死で探し、ウイルスとワクチンの開発も進めていますし、仮にそれが失敗しても、悪玉菌を検知・破壊する細菌を人工生成するという手があります。


8. ロボ戦士の時代が始まる


全自動の兵器が野に放たれ、眉ひとつ動かさず、人を狩る時代。


映画「ターミネーター・サルベーション」


この「LAWS(Lethal Autonomous Weapons:自立型殺戮兵器)」はすでに開発が進行中で、既存の強力な弾薬や核兵器などと合体するのも時間の問題とされます。ロボ兵器は人命のロスを減らし、戦争をもっと人道的なものにすることになってますが、「うっかりミスや暴走が始まったらどうすんだよ!」と専門家からは懸念の声もあがっています。

そこは安全構造や「倫理」のプログラムを組み込めば済みそうな気もしますけど、イエール大学生命倫理学術センターのウェンデル・ウォラック所長(「人間VSテクノロジー:人は先端科学の暴走を止められるのか」著者)が取材で指摘してくれたように、それをテストするのは難しく、バグもあれば、時には予測不能な行動に走ることだってありそうです。

「兵器の開発スピードを早め、コストを削減するうえで、LAWSは先進国には欠かせないものだし、非政府団体にも魅力は大きい。米国をはじめとする国々では、LAWSは人間が密に連絡して管理すると約束しつつ、海底でのLAWS採用にことのほか意欲を示したりしている。地上との連絡が困難という理由でね」

ウォラック所長が心配しているのは、たとえば無人潜水艦が強力な爆弾や核兵器をうっかり発射してしまう、というシナリオです。

「気づいたときには核で世の中はぐじゃぐじゃだ。そんなシナリオは何百通りもあって、スーパーインテリジェンスの登場を待つ遥か以前の段階で、こういう半インテリジェント兵器で人類は存亡のリスクに晒される。LAWSをここで禁止にしないと、その長期的悪影響は短期のメリットを遥かに凌ぐものになるだろう」


9. 全衛星を失う


これはその恐ろしさに気づいてる人のほうが少ないですが、衛星も無くなるとヤバいです。一部でも全部でも。

衛星喪失は、ケスラー・シンドローム(映画「ゼロ・グラビティ」でも描かれた。宇宙ゴミ同士の衝突で衛星軌道がゴミだれけになり地球から永久に突破できなくなる現象)、超巨大太陽嵐、宇宙戦争でも起こりえます。


映画「ゼロ・グラビティ」


衛星がなくなれば通信能力は劇的に衰えます。GPSが消え、それに頼る端末も使えなくなり、宇宙にあるベースとの同期機能も止まり、金融セクターから送電網まですべてに影響がおよびます。

もっとリスクを深刻に受け止めて対策を打たないといけません。まずはインフラの強度・耐性を高め(衛星に依存し過ぎても不安)、衛星軌道の環境の改善が必要ですね。低軌道(LEO=Low Earth Orbit)と対地同期軌道(GEO=Geosynchronous Orbit)は今後どんどん衛星と宇宙ゴミだらけになっていくので、どこかでゴミ対策しないと何十年も使えない状態になってしまいます。


10. 泣いても叫んでも宇宙人は助けにこない


結構多くの人が、「いつか宇宙人に会える」と思ってます。それは来週かもしれないし、次の千年かもしれない、でもいつか会えると思ってる。でもこれ、たぶん会えない確率のほうが高いです。だって暗号解読が要る電波は一向に飛んでこないし、征服先求めて星間移動する宇宙船がいる気配もありませんからね。


映画「スタートレック ファーストコンタクト」


しかし、宇宙はしんと静まり返ったまま。われわれが住む銀河はとても古いので、もし宇宙人に会えるなら、もうとっくの昔に会ってないとおかしいわけなんです。電波が漏れて飛んできたり、地上に宇宙人が残した構造物が見つかったりするはずなのに、それがゼロ。ということは今後も、宇宙人が現れる予兆は見られないし、宇宙人とは会えないということになります。

宇宙人と仲良くできていないとなると、未来はいよいよ暗いですね…。相手はスーパーインテリジェンスやナノテク兵器みたいに人間には決して太刀打ちできない技術力を持っているのかもしれないし、単にわれわれを警戒して姿を見せないだけなのかもしれないし、この冷たい瀕死の宇宙に見切りをつけてどこか別の無限世界に旅立ってしまったのかもしれない。いずれにしても地球ないし銀河系には用はないと判断したんじゃないでしょうか。


top image: Charlize Theron in Mad Max: Fury Road

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(satomi)