Scorpioを買うか、PS4 Proを買うか、ますます悩ましくなってきました。

Microsoft Studios PublishingのGMであるShannon Loftis氏へのUSA Todayのインタビューにより、次世代Xbox「Scorpio」では発売タイトルすべてが4Kネイティブレンダリング可能であることが判明しました。

Loftis氏はこう語っています。



Scorpioのタイムフレームにローンチするゲームは、どのゲームも4Kでネイティブレンダリングできるようにしているよ。


「え? でもPS4 Proも4K対応でしょ? これのどこがすごいの?」とお思いかもしれませんが、PS4 Proは実は4K以下の解像度でレンダリングされたものをアップスケールして4K化する仕組みになっており、4Gamer.netは「おそらく、本当に4K解像度でのレンダリングを行なうタイトルは、少数派になるだろう」としています。

これに対してScorpioで発売されるゲームはすべて4Kでネイティブレンダリングできるように開発されているということ。

もうじき購入できるPS4 Proを買うか、それとも来年末にScorpioを買うか。どれだけ比較してもその決断はやっぱり悩ましいようです。


image by Game Tyrant
source: USA Today via Game Tyrant, 4Gamer.net

abcxyz