2つのGoPro新製品は、空撮の最強タッグ!

アクションカメラでお馴染みのGoProから、ついにドローンの新製品「Karma」が登場しました。このKarmaは、同社のアクションカメラ「HERO」シリーズを搭載して、空撮が行なえるドローンです。

また、GoProの新型アクションカメラ「HERO5 Black」「HERO5 Session」も同時に発表され、この「HERO5」をKarmaに搭載できるのはもちろんのこと、従来の「HERO4」でも搭載可能です。


Karmaのセット内容は、折りたたみ式のドローン本体、タッチスクリーン搭載のコントローラー、アクションカメラのスタビライザー、手持ち撮影用のハンドグリップからなり、これらを収納できる専用バックパックがついています。

フライト時間は、1回のバッテリーで最高20分。最高速度は秒速15mで、最大距離は1000m、最大飛行高度は4500mとなっております。

ドローンそのものの重さは1006グラム。プロペラなしで、折りたたんだときは365.2×224.3×89.9mmで、すべて開いた状態での寸法は303×411×117mmとなっております。かなりコンパクトな印象を受けますね!



フライトは付属の3軸スタビライザーに取り付けたHEROを、Karmaに装着して行います。また、スタビライザーは付属のハンドグリップにも取り付けることができ、手持ちのスタビライザーにもなります。(これだけでも十分に利用価値ありそう。)



Karmaの操縦には付属のタッチスクリーンのコントローラーを使用します。2本のジョイステックで操作し、タッチスクリーンから離着陸、または事前にルート設定をしてGPSによる自動操縦も行うことができます。また、コントローラーのスクリーンで、撮影中の映像もリアルタイムで確認できます。

さらに、Karmaの発売日の10月23日に合わせて、リリースを予定しているスマートフォンアプリ「GoPro Passenger App」(Android 5.0以上/iOS 9以降)を使えば、モバイル端末でも、ドローンのコントロールが可能で、撮影中の映像もリアルタイムで確認できます。

こちらのGoProのドローン「Karma」の発売日は10月23日で、お値段は約9万円です。

GoProの創業者でCEOのNick Woodman氏は発表で、「これはドローンを超えたドローン」と何度も強調しており、価格を含めてもかなり魅力的なドローンではないでしょうか。ドローン撮影がぐっと身近なものになる気がしますよね。



2年ぶりの新モデル、完全進化の「HERO5」シリーズ




そして、こちらも待ってました! ついに2年ぶりに、GoPro HEROシリーズの新モデル「Hero5 Black」と「Hero5 Session」が登場しました。

4K/30fpsでの撮影、手ぶれ補正、音声コントロール、クラウドへの自動アップロードなどが新機能として加わりました。そしてもちろんのこと、Hero5 Black/ Hero5 Sessionは、ともに標準で10mの防水仕様となっています。

さらに、上位モデルのHERO5 Blackでは、RAWモードとWDR(多重露出)モードでの静止画撮影、GPSによるジオタグつきでの撮影が可能になりました。また、背面に2インチのタッチディスプレイを搭載しており、静止画の解像度も12メガピクセルで、HERO 5 Sessionよりも、さらに高機能なモデルとなっています。

また、Hero5 Black/ Hero5 Sessionともに、「GoPro、ビデオスタート」とGoProに話しかければ録画を開始できるようになりました。釣りで魚がかかって釣り上げる瞬間を撮りたい、でも両手が塞がっている…。スノーボードで滑り始めるとき、わざわざ手袋外して録画ボタンを押すのが面倒だ。そんなときに役に立ちそうですね!

そんな、ようやく発表された新型の「HERO5」。価格は、「HERO5 Black」で47,000円、「HERO 5 Session」で27,710円となっており、10月2日発売です。

上位モデルの新型アクションカメラ「HERO5 Black」と、ドローンの「Karma」の両方購入しても137,000円ほど…(ゴクリ)。高画質のドローン撮影を、さらに手軽に安価で可能にするこれらの新製品は、初期から小型のアクションカメラに挑戦し続けたGoProにしかできないと感じますね。


source: GoPro

Adam Clark Estes, Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文1,原文2

(mayumine)