確かなものもあれど、まだ多くの噂が独り歩きしています。


カートリッジ式
VR対応、それにリージョンフリーになるなど、さまざまな噂や憶測が流れている任天堂の新型ゲーム機「NX」。

まだまだ詳細の多くが謎に包まれていますが、GameTyrant が現在判明している情報をまとめてくれたのでお伝えします。


すでに判明していること


・発売は2017年3月を予定している。

NVIDIAのモバイルプロセッサ「Tegra」が搭載され、新たなOSと32GBのストレージが確保される。

・手で持つタイプの家庭用になることがほぼ確定。

・リリースと同時に「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が発売

・「ポケモン」が初年度内に登場。

・スクウェア・エニックスは「ドラゴンクエストXI&X」を販売すると発表。

・宮本茂さんは「NX」のニセモノが作られることを避けるため、E3での発表を控えた。

・「NX」はWiiと同じくらい革新的なゲーム機になる。

・亡くなった岩田聡元社長に敬意を表し、睡眠や疲労をテーマにしたQOL(Quality of Life)事業を展開する。


まだ噂だけのこと


・「スーパーマリオブラザーズ」の登場。

カートリッジ(カセット)が復活する可能性大。3DSのカートリッジを製造しているMacronixが、「第3四半期に任天堂からの大量注文を期待している」と話したことから、「NX」の発売が春頃になるであろうとも推測される。

・コントローラーにシェアボタンを採用することで、ソーシャル・メディアと連携する。

VRに対応させる(そのため量産が遅れている)。

NeoGafに投稿された特許申請の図解では、ショルダーボタン(LとR)にはスクロールホイールが付く。

・「大乱闘スマッシュブラザーズ」の発売。理由は他のタイトルが開発されている話がないのと、これまで「スマブラ」が別のゲーム機に移植されたことがないことから。しかし可能性はやや低め。



先日、米任天堂がネット上の違法ファン・ゲーム562件を削除させたのも「NX」のためではないかという噂もありましたし、他にも大小さまざまな憶測が飛び交う「NX」。早くその姿が見たいものです。


top image by GameTyrant
source: NeoGaf, GameTyrant

岡本玄介