北朝鮮にもインターネット、ちゃんとありました。

北朝鮮は世界から隔離された国で、インターネットも例外ではありません。北朝鮮国内からのインターネットのアクセス厳しく制限され、そして北朝鮮国外から北朝鮮のサイトを閲覧するのは困難…のはずが、事故か何かでしょうか、北朝鮮のウェブサイトの一部が日本から見られる状態になっています(2016年9月26日現在)。

アメリカ最大級のソーシャルニュースサイトRedditに、北朝鮮のドメイン「.kp」で登録されたウェブサイトのリスト(といってもたったの28サイト)が投稿され、北朝鮮のサイトを開くことができることがわかりました。このGitHub発のリークによると、北朝鮮はうっかり登録済のドメイン名を含むサーバーを解放してしまったのだそうです。

2016年9月19日、北朝鮮のトップレベルのネームサーバーが事故的にDNSゾーン転送のアクセスを許可してしまったようだ。これにより、この国の「ns2.kptc.kp」ネームサーバーに、ドメインに関するゾーン情報を他のサーバーからまるごと取得することが可能になり、誰でもトップレベルのDNSデータをコピーできる事態になっている。

旅行サイトからソーシャルメディアサイトらしきものなど、Redditにアップされたスクリーンショットとリンクをご紹介、北朝鮮のウェブ事情を垣間見てみましょう。

これはソーシャルネットワークサイトかな?

これは北朝鮮の海軍・海運業関連のウェブサイトのようです。

これは高麗航空のサイトですね。
北朝鮮の平壌、清津からロシアのウラジオストク、中国の北京、瀋陽、上海に飛んでいます。日本人も予約できるのだろうか…?

ツアー旅行の予約サイトも存在します。

金日成大学のウェブサイトらしきもの。

スポーツ情報サイトだってありますよ。

朝鮮料理に関するウェブサイトも。
写真もきれいで美味しそうですね。
Image: Imgur

スピリチュアルなサイト
Image: Imgur

北朝鮮のニュースサイト
トップニュースは金正恩の写真しかねぇ!
Image: Imgur

高齢者向けのサイトらしきもの。
Image: Imgur


平壌の国際映画祭のサイト
Image: Imgur


Redditにはもっとサイトのスクリーンショットが掲載されていましたが、基本的に似たりよったりなので割愛。

それにしても、Web1.0的な、10年前のサイトを見ているようですね。北朝鮮の国民のインターネット普及率はいかほどなものかは存じ上げないけれど、国内では貴重な情報源となっているのではないでしょうか(ポルノサイトとかは無いのだろうか…)。

以上、「世界のインターネット・北朝鮮編」をお届けしました。


source: Rediit

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文
(mayumine)