なぜ、イラストで描かれた映画ポスターは姿を消したのかーー。

インターネットが発達した今、最新映画の情報はニュースサイトやYouTubeで入手するのが一般的です。しかしその昔、観客は映画館に貼られていた数カ月後に公開されるであろうイラスト状の映画ポスターを見ることで新作情報を手に入れていました。

今や、昔の映画ポスターはアートやインテリアとして認識され、Bottleneck NYCHero Complex GalleryGallery 1988Mondoといったサイトで人気を博しています。

今回はそういった映画ポスターを主役にしたドキュメンタリー映画「24x36: A Movie About Movie Posters」の予告をご覧ください。



こちらはGeektyrantが取り上げた「24x36」の公式予告編。

公式サイトによるとケビン・バーク監督による今作は、イラストで描かれた映画ポスターの誕生と衰退、そして復興に追ったドキュメンタリーで、過去40年間に渡って活躍した複数のポスター職人のインタビューを元に構成されているようです。

ドキュメンタリー映画「24x36: A Movie About Movie Posters」は、テキサス州オースティンで現地時間9月22日から28日まで開催される映画祭Fantastic Fest 2016にてプレミア上映される予定。また、一般公開は今のところ未定です。


source: 24x36, Birth.Movies.Death via geektyrant, Fantastic Fest 2016

中川真知子