生きてこそ!

カマキリのオスが交尾後にパクリと食べられてしまうことは有名ですが、ゴケグモのオスも、ことが終わるとメスに食べられることが多い悲しい毒グモです。しかし、新しい研究から、ゴケグモのオスたちがメスに食べられないための生き残り戦略を身につけつつあることがわかりました。

Biology Lettersに発表された新しい調査によると、相当な数のゴケグモのオスが、彼らを捕食するには若すぎるメスを選んで交尾をしているそうです。

一体どういうことなのかというと、成熟していないメスの体には生殖器はあるものの、性器自体はまだ体の内側にあり、硬い殻に守られています。要するに受精できる体になっていないわけですが、オスはその殻を破って受精嚢と呼ばれる精子の受け口に自分の精子を受け渡します。結果、幼いメスは成熟したのちに、すでに渡されている精子で子孫を残すことになるのです。なんだか嫌な感じはしますが、研究者によるとメスがケガを負うことはないとのこと。

この戦略を成功させるためには、「メスの体が性器と受精嚢は完成しているものの、まだ外には出ていない脱皮の2、3日前の状態」というかなり精密なタイミングをオスは見計らう必要があるそうです。虎視眈々と幼いメスの体の状態を見ているということでしょうか…? こ、こわい。

もともと成熟したメスが交尾後にオスを捕食する「性的共食い」を行うのは、環境に適応して子孫を残すためと言われていますが、今回のゴケグモのオスの行動はその状況を変えます。

ゴケグモは本来、人間で言えば一夫一妻制なのですが、交尾後に捕食されないとなると、オスは生き残って他のメスとも交尾ができるようになるわけです。

人間からすると、食べられないようにするのは生き残り戦略としていいけど、他のメスにも手を出すのはちょっと自分勝手じゃない?と感じるかもしれませんが、当然のことながら、この戦略でオスの繁殖成功率が高まっていることは事実。

これまで食べられてかわいそう!と思っていたオスに対して、今度はオスひどい!と感じるのも人間としては致し方ない気がしますが、クモの世界では幼い個体との交尾は珍しいことではないそうです。実際に研究者たちが幼いメスを採取しに出かけたところ、3分の1のメスの殻がすでに破られていたと話しています。

この捕食を回避する生き残り戦略は、今はゴケグモという種だけで見られている行動なものの、他の種に広がっていくことも考えられるそうです。トロント大学スカボロの研究者たちは、ゴケグモのオスの生き残り戦略が共食いをする種の進化の軌跡を変えてしまう可能性があると示唆しています。

人間の世界も蜘蛛の世界も男と女がいれば、いろいろあるものです。


image by K. Korlevic

Source: Biology Letters

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)