世界を変えるかもしれないチーム。

Ubisoftによるオープンワールド・ハッキング・アクションゲーム第2弾「Watchdogs 2」のストーリートレイラーが公開されました。

これまでにもシネマティックトレーラーや、製作者が新機能を見せるトレイラーなどを紹介してきましたが、今回の映像では町のすべてを独占管理する「ctOS 2.0」を阻止するために主人公のMarcus Hollowayと一緒に戦うハッカー・グループ「Dedsec crew」の面々が登場します。



こちらはNerdistが取り上げた、Ubisoft USが公開したもの。

Sitaraの「Blume社のctOSはまるで巨大な蜘蛛の巣よ。(中略)選挙も、兵器プログラムも、人々の家の中の監視も、一人の人間、Blume社のCTO(最高技術責任者)、Dusan Nemecの手でコントロールされているの」という言葉や、Marcusの「すべてのデータがBlumeの手元にある。こりゃまるで世界一パワフルなモノポリーだ」、Marcusの「奴らに俺たちとの戦争がどんなもんか見せつけてやろう。皆に紹介したい人がいる。Raymond Kenneyだ」、Dusanの「わかるかMarcus? わかってるのか? 人はどういう仕組みで機能するのか?になんて興味ないんだよ、機能さえすればな!」といった言葉が印象に残ります。

1作目の「Watch Dogs」に登場し、DLC「Bad Blood」では主人公でもあった、ctOSのシステム開発者「T-Bone」ことRaymond Kennyの登場は、前作をプレイしたファンにはうれしいところです。

でもDusanが言っているように、人々はシステムがどう動いていたとしても、機能する限りはそれで良く、それ以上の関心はないというのは、GoogleMicrosoftAppleFacebookなどの提供するサービスに関しても言えることかもしれません。

PlayStation 4/XboxONE/PC用ゲーム「ウォッチドッグス2」は2016年12月1日に発売。

©2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.


image by: YouTube
YouTube via Nerdist

abcxyz