初めてのコンピューターの産声。

コンピューターの父、アラン・マシスン・チューリング。ナチスの暗号機「エニグマ」の解読や人工知能の開発で知られる天才数学者ですが、同時に史上初のコンピューター音楽の演奏者でもあることをご存じでしょうか?

1951年に録音されたチューリング自身の演奏によるコンピューター・ミュージックを、大英図書館がデジタルデータとして公開しました。SynthtopiaSoundCloudの音源を取り上げていたので、お聞きください。



この演奏はマンチェスターの研究所で行われたもの。当時のコンピューターは研究所の一室を埋め尽くすほど巨大で、一体どのようなスタイルで演奏されたのかは想像もつきません。鍵盤を使っているのか、それともボタン的なサムシングなのか……。映像を見たい!

「女王陛下万歳(God save the Queen)」、「めえめえ黒羊さん」、「イン・ザ・ムード」のモノフォニック(和音が出せず同時に一音しか鳴らない)なこの演奏こそ、コンピューター・ミュージックのはじまりと言えそうです。世界線が違えば、チューリングは音楽という分野で偉大な開拓者となっていたやもしれません。

貴重かつ歴史的なサウンドですが、電子音楽そのものの歴史は実はもっとさかのぼれます。電話の発明者になりそこねた男として有名なアメリカ人のエリシャ・グレイが1876年に作ったミュージカル・テレグラフや、1897年にサディウス・ケイヒルが特許を取得したテルハーモニウム、1920年頃にレフ・テルミンが開発したテルミンなどです。

いずれ両者が電子音楽というフィールドで交差することになるのは、もう少し先の話。なんにせよ、コンピューター・ミュージックに触れるとき、自分はチューリングの一端に触れているんだと思うと、ちょっとばかり頭が冴えていく気持ちです。


source: SoundCloud via Synthtopia

ヤマダユウス型