ヘヴィ・アルミニウム。

3Dプリンターで作られたアルミニウム製のエレキギターなるものがありましたが、皆さんコレを見て思いませんでしたか? 「えー本当に弾けるのでござるかぁ?」と。

それでは、3Dプリンター製ギター「EOS M400」とツインリバーブによるサウンドを、お兄さんの演奏と併せてお聞きください。



こちらはGearGodsが取り上げた、Xilloc Medical B.V.の映像。

歪み具合も良い塩梅ですし、弾きにくそうだったり、壊れそうだったりな素振りも見受けられません。安定しています。ただ、カッティングの際はトゲに気をつけないと、強制的に流血バンド化しそうです。それが似合えばいいけれども。

これを見ると、3Dプリンター製のギターがお店に並ぶという未来も遠くはない気がしてきます。アニメキャラをボディに掘った痛立体ギターとか、魔法陣を編み込んだマジカル・ギターが跋扈する20XX年のバンド……。つよそう。


source: YouTube via GearGods

ヤマダユウス型